ホワイトボードクリーナーの代用品を紹介!身近な物で白さが復活

暮らし

ホワイトボードは、ペンの色も豊富で書きやすい、簡単に消すことができるので様々な場面で活躍してくれます。

オフィスや学校に限らず、自宅でもホワイトボードに触れる機会もあることでしょう。

しかし、使っているうちにホワイトボードが黒ずんで、書いた文字が消えにくくなるといったお悩みはありませんか。

私もホワイトボードが黒ずんでしまい、クリーナーをどんな物で代用したらきれいになるのか困った経験があります。

文字が消えにくくなる場合は、ホワイトボード、マーカー、イレーサーそれぞれに原因が考えられます

ホワイトボードクリーナーを使うと白さを復活させられますが、クリーナー以外の身近なものを代用して白さ・消えやすさを復活させる方法があります。

今回の記事では、それぞれの原因と対策や代用品について紹介していきます。

ホワイトボードクリーナーの代用品を紹介

ホワイトボードクリーナーの代用品を紹介

ホワイトボードの白さを復活させるためには、市販のホワイトボードクリーナーを使うのが一般的です。

しかし、クーリーナー以外の代用品の使用・道具を見直すことで白さ・消えやすさを復活させることができます。

ホワイトボードクリーナー以外にどんな物を使うと白さが復活するのか、紹介していきます。

ホワイトボードを水拭きする

ホワイトボードの字が消えにくくなるのは、ボードの表面に溜まった汚れが原因のことが多いです。

長期間使ったホワイトボードでなければ、ほとんどの汚れが水溶性のため、クリーナなしの水拭きできれいに落とすことができます。

きれいな布で水拭きした後は、乾いた布で仕上げをしていきましょう。

濡れたまま字を書くと、インクが滲んで消えにくくなってしまいます。

水拭きでは汚れがきれいにとれないとおもっていましたが、私の場合は恥ずかしながら汚れを溜め込み過ぎていたようです。

定期的に水拭きと乾拭きを行う習慣がつけば、クリーナーの代用品がなくても、自然とホワイトボードが長持ちしてくれそうですね。

無水エタノールで拭き取る

水拭きだけでは落とせない頑固な汚れには、無水エタノールが効果的です。

無水エタノールはアルコールの一種で、油を溶かす性質を持っています。エタノール濃度が非常に高く、油を溶かす力が強いのが特徴です。

布に無水エタノールを染みこませ、ホワイトボードの汚れを拭くだけで、汚れに含まれている油分が溶けて布に吸着されます。

無水エタノールは揮発性が高いので、2度拭きは必要ありません。

ただし、引火性が強いので使用時は火気厳禁、皮膚の乾燥を防ぐためゴム手袋着用、十分な換気を心がけてください。

無水エタノールは、インターネットやドラッグストアで簡単に手に入れることができるので気軽に試せるアイディアですね。

ホワイトボード再生コート

付属のウエスにコーティング剤を付けてホワイトボードに伸ばすように塗り乾燥させると、きれいに消えにくくなったホワイトボードが復活します。

ホワイトボードの劣化してしまった表面を再びコーティングすることで、新品同様の状態に戻すことができるという仕組みです。

環境や人体にもやさしい成分が使用されているので、安心して使用できます。

1本のコーティング剤でホワイトボード約6枚分使え、コーティング後は効果が数年持続するので、お買い得なところも魅力ですね。

使い方
  1. 付属のウエスにコート剤を染み込ませます。
  2. 横方向にコート剤を塗り広げたら、縦方向にも塗っていきます。
  3. クロスを使ってムラがないように全体へ伸ばしていきます。
  4. 8時間以上乾燥させれば完成です。

しっかりと乾燥させてから使う必要があるので、終業のタイミングに合わせて行い次の日の朝まで誰も触れないようにするなど、工夫してみましょう。

ホワイトボードシート

ホワイトボード用のマーカーで書いて消せるシートが販売されています。

ホワイトボードの大きさに合わせて各種サイズが用意されており、使いたい場所に合わせて好きなサイズにカットして、貼ることもできます。

白色タイプや透明タイプがあり、ホワイトボードの補修用・代用品としても使うことができます。

シートは裏面が粘着素材になっており、何度も剥がしたり貼ったりすることはできません。

凹凸のある壁紙には粘着面だけでは貼れないので両面テープや押しピンなどで補強が必要です。

ホワイトボードクリーナーなしの手入れは要注意!

ホワイトボードクリーナーなしの手入れは要注意!

ここまでは、おすすめの代用品やお手入れの方法を紹介してきましたが、そもそも、なぜホワイトボードの汚れが落ちにくくなるのでしょう?

お手入れの方法によっては、ホワイトボードを傷つけてしまい、さらに汚れが落ちにくくなることもあるので、注意が必要です

ホワイトボードの汚れが落ちにくくなる原因と、クリーナーを使わないお手入れ時の注意点を確認していきましょう!

ホワイトボードの文字が消えにくくなる原因

ホワイトボードの文字が消えにくくなったり、汚れがつきやすくなるにはいくつかの原因があります。

全ての原因がホワイトボードにあるわけではないので、それぞれ確認していきましょう。

<ホワイトボードの劣化>

長期間ホワイトボードを使っていると、表面が劣化しコーティングが剥がれることで文字が消えにくくなります。

ホワイトボードの表面は本来コーティングによってツルツルした状態になっています。

字を書いたり消したりを繰り返す内に、ボードの表面に細かな傷ができるとインクがホワイトボードの表面に乗らず、染みついてしまうようになるのです。

確かに、ある程度使うと光が当たった時に表面に無数のすり傷が目立つようになりますよね。

<誤ってコーティングを除去してしまう>

たとえば、誤って油性ペンでホワイトボードに文字を書いてしまった場合、除光液やアルコールなどの薬剤で拭き取ってしまうと、コーティングが剥がれてしまいます。

 薬剤によりホワイトボードのコーティングが剥がれると、劣化したときと同様にインクが染みついてしまいます。

<専用マーカーの剥離剤が乾燥している>

ホワイトボード専用のマーカーには、インクの中にアルコールと剥離剤が含まれており、それらが乾燥してしまうと剥離剤だけがボードに残り、消しても跡が残ります。

ペンはしっかりとキャップをしめて乾燥しにくい場所に保管(できればペン立てに立てると◎)、使用期限を守ることで跡が残るのを防ぐことができます。

私はマグネット付ケースをホワイトボードに付けてペン立てとして、使っています。すぐ取り出せて、落ちることもないのでおすすめです!

<ホワイトボードの書いた文字を長期間放置>

ホワイトボードに書いた文字を長期間放置すると、ペンのインクに含まれている剥離剤が劣化し、ボードに文字が染みついてしまいます。

放置した文字は特にインクの外側の部分がカピカピになっていて消えにくいのは、これが原因だったのですね。

私は書いたまま放置した文字が消えなくて、さらにゴシゴシこすって傷付けるという完全な悪循環でした。

放置するのも良くありませんが、書いてすぐ文字が乾かないうちに消そうとすると、インクが伸びてきれいに消せない場合もあります。

ホワイトボードの文字は、書いたら乾いてから消す+書いた後は長期間放置しないことを意識して使うだけでも長持ちさせることができます。

中性洗剤は使わない

ホワイトボードをこまめにお手入れしないと水溶性の汚れ以外に油分、手の皮脂、タバコのヤニ、エアコンの風などによって水拭きでは落とせない汚れが付着します。

油汚れの掃除というと中性洗剤を思い浮かべますが、ホワイトボードには不向きなので気を付けましょう。

中性洗剤には界面活性剤が含まれており、本来混じらない水と油を馴染みやすくすることで汚れを浮かせて取り除く働きをします。

2度拭きしても界面活性剤を完全に拭き取ることはできず、マーカーのインクに含まれるアルコールや顔料、剥離剤などの成分が混じり合い汚れが残る原因となります。

私は中性洗剤は万能だと信じて何度か使った経験があったので、知ったときは衝撃でした。

アルカリ性、酸性の洗剤は汚れや掃除をする素材に合わせて選ぶ認識はありましたが、中性洗剤が使えないのは盲点としか言えませんでした。

ホワイトボードイレーザーの選び方

ホワイトボードイレーザーにはフェルト製とメラミンスポンジ製があります。

それぞれに特徴がありますが、大切なのはイレーザーを使うときのポイントは消す面が汚れていない状態になっていることです。

【フェルト製イレーザー】

  • 適応:ホワイトボード全般
  • メリット:安価でで手に入る、どの種類のホワイトボードにも使用可能
  • デメリット:メラミン製に比べると、ホワイトボードやマーカーの種類により消去性が劣る場合もある

フェルト製イレーザーは文字を消すときに、イレーザーのプラスチックケースの角で盤面をこすらないように中が必要です。

イレーザーの面が汚れたら、めくると新しいフェルト面が出てくるデザインの商品は長く使えておすすめです。

【メラミン製イレーザー】

  • 適応:ホーローホワイトボード、スクリーン兼用ホワイトボードシート(使えない場合もあり)
  • メリット:消去性が高い
  • デメリット:スチールホワイトボードに使用すると、板面の劣化の原因となる。家庭用の表面が柔らかいものも同様に不可

メラミン製イレーザーについては賛否両論分かれていますが、ホーローのホワイトボードの表面硬度はメラミンスポンジ製のイレーザーの摩耗力にも負けません。

ご自身で使われているホワイトボードの種類を確認した上で、クリーナーを選択しましょう。

間違って油性ペンで書いてしまったときの対応

ホワイトボード専用マーカーも実は油性の物が多いです。一般的な油性ペンとの違いはインクの成分に剥離剤が含まれているかどうかです。

ホワイトボード専用マーカーには剥離剤が含まれていて、ホワイトボードとインクの間に剥離層を作ることでこすったときに文字が消えるようになっています。

誤って油性ペンで書き込んでしまったときは、ホワイトボード専用マーカーで上から塗ると、剥離剤の成分が混じってイレーザーで普段通り消すことができます。

1度できれいに落とせない場合は何度か重ね塗りと消す作業を繰り返してみてください。

なぜかホワイトボードマーカーと一緒に油性ペンが入っていたり、こどもはペンの種類まで気にしていなかったりと、油性ペン問題は起こりがちですよね。

「間違えた!」と気付き、クリーナーがないと焦ってゴシゴシこすりたくなる気持ちは分かりますが、落ち着いて対処することが大切ですね。

ホワイトボードクリーナーを100均グッズで代用

ホワイトボードクリーナーを100均グッズで代用

ホワイトボードクリーナーを購入しようとすると、おおよそ1,000〜1,500円の予算が必要になります。

クリーナーは確実にきれいになりますが、100均のアイテムを使ってもっとお得にホワイトボードの白さを復活させる方法があります

ホワイトボードの汚れ取り

水や洗剤を使用せず、消しゴムのようにこするだけで汚れを落とせるのが特徴です。

ホワイトボードのコーティングが傷つきにくい、ナノレベル粒子の研磨成分が配合されており、ボード表面の汚れをとっていきます。

大きさは消しゴムサイズなので、ホワイトボード全体をきれいにするというよりは、汚れが目立つ部分のポイントお掃除におすすめです。

ホワイトボード用イレーザー マグネット付き

フェルト面が8層構造になっていて、イレーザーが汚れたらめくっていつでもきれいな面で文字を消すことができます。

1度剥がしたフェルトシートは再度取り付けできませんが、白と黒のフェルトが交互に重なっているので、どこからが次の層なのか一目で分かるようになっています。

イレーザー上部にはマグネットが付いているので、ホワイトボードに直接つけて置くこともできます。

同じような構造でフェルトが6層タイプのものも販売されているので、要チェックです。

アルカリ電解水

アルカリ電解水の原料は水なので、面倒な2度拭きは不要です。

ホワイトボードクリーナーの成分としても取り上げられているアルカリ電解水は、環境や人体へ悪影響もなく安心して使うことができます。

さらに、除菌効果もあるのでホワイトボード以外のペンやイレーザーの掃除にも活躍してくれるでしょう。

100均でもお掃除グッズとして有名な商品なので、すでに自宅にある場合も多いのではないでしょうか。

100均で代用品を選ぶときに注意するポイント

ホワイトボードクリーナーはスプレータイプやシートタイプがありますが、多く含まれる成分はアルコールもしくはアルカリ電解水です。

ただし、アルコールが含まれているからといって除光液で繰り返し汚れを拭き取ったり、シンナーなどの薬剤を使用するとコーティングが剥がれてしまうので気をつけましょう。

まとめ

まとめ
  • ホワイトボードクリーナーの代用として水拭き、エタノールで汚れを落とすことができる
  • ホワイトボードの再生コートやシートを使ってコーティングを復活させることできれいに文字が消せるようになる
  • 洗剤や薬剤をホワイトボードクリーナーとして代用すると、コーティングをかえってコーティングを傷つけてしまう可能性がある
  • 100均のアイテムを代用したり、日頃のお手入れ方法を見直すことでホワイトボードを長持ちさせることができる

ホワイトボードクリーナーがなくても、日頃のお手入れで汚れを残さないように工夫することができます。

また、定期的にボード表面のコーティングを整えることでホワイトボードを長く使えることがわかりましたね。

ホワイトボードを長持ちさせるために、書いた文字は乾いてから消す、長時間こまめにしないといった使い方を守っていきましょう。

私自身も、お手入れ方法を見直して汚れがたまってしまう前に、ホワイトボードをこまめに掃除するように心がけていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました